セブンイレブン バイト 体験談

セブンイレブンのバイト体験談3|コンビニには触れ合いを求めるお客さんも多い

私は理系の大学に通う3年生です。
現在セブンイレブンでバイトをしており、それについて書きます。

 

私の働くコンビニは駅前の街路に面していて、
近くには、他に2軒のコンビニが営業中です。

 

コンビニの仕事はどこも同じだと
考える人がいますが、それは全くの誤解。
待遇などさまざまな面で店舗ごとに対応が大きく異なります。

 

コンビニの仕事というと、気楽だととらえられがちですが、
実際は仕事の大半が肉体労働。

 

品出しは当然に体力勝負ですし、
レジ打ちにしても、けっこう忙しく、一定の体力を必要とします。

 

加えて、業務が多彩です。
公共料金の支払いはもちろんとして、
最近はインターネット関連の支払いも少なくありません。

 

実際にやってみると分かるのですが、
それらの仕事は、手順を知っているだけではダメです。

 

オーナーや店長さんに研修で教えてもらい
ようやく独り立ちできるようになるくらいですから。

 

店舗によって対応が大きく異なると書きましたが、
例えばこの研修などもその一つです。

 

いい加減なお店だと、しっかり教えてくれません。
ですから、コンビニでバイトをする場合は、研修制度がどのようになっているか、
入る前にきちんと確認した方がいいと思います。

 

研修制度がしっかりしていないと、
結局、自分が苦しむことになりますから。

 

それから、コンビニでも接客は重要です。
アルバイトしてみて分かったのですが、
店員との触れ合いを求めてコンビニにやってくるお客さんも少なくありません。

 

そういったお客さんに
マニュアル通りの対応をしてしまうと、トラブルの元。
お客さんによっては怒り出す人もいますから、注意が必要です。

 

それから、シフトについても事前に確認しておくべきでしょう。
店舗によってはシフト表をきちんと作っていない場合もあります。

 

また学生の場合、例えば試験中やレポート提出前など、
シフトを減らしたい時期もあるはず。

 

そういった時に柔軟に対応してくれる店なのかどうか、
きちんと確認しておいた方が、後でもめなくて済むと思います。