セブンイレブン バイト 体験談

セブンイレブンのバイト体験談10|店長・店員の質の事前チェック必須

コンビニの仕事は初心者でも比較的簡単にできますが、
「レジだけだから余裕でしょ」と思う人は止めた方がいいと思います。

 

レジはもちろんのこと、お客さんがレジにいない時は、
お客さんの動きに注意をはらいながら品出し、
あるいはフライドチキンを揚げたりと、一つの仕事に集中ということはありません。

 

そういう意味では、
スーパーの仕事の方が楽かもしれませんね。

 

さて、そんな仕事の内容はさて置き、私が働いたセブンは最悪でしたね。
私のいた店は2号店だったのですが、店長はオーナーの息子さん。
正直、とんでもない奴でした。

 

だいたいにして、最初から最悪な店長でしたから。
指定された日に面接に行くと、店長は遊びに行っているとのこと。
単に忘れていたんです。

 

入ってからも、給料明細は渡してくれないし、
新人の指導はバイトにまかせっきり。
仕事のできない人でした。

 

ま、その分ゆるいところがたくさんあったので、
トータルで考えれば楽だったかもしれません。

 

なので、私は先輩に一から十まで仕事を教わりました。
で、この先輩がとにかく仕事に厳しい人だったんです。

 

仕事のスピードが遅いと怒られるし、
少しでも雑なところがあると、怒られる。
スピードと正確さが要求されました。

 

でも、お蔭で仕事のレベルは上がったように思います。
その人は私より先に辞めてしまいましたが、人生では
そういう厳しい人と一緒に仕事をする時期があった方が良いと思います。

 

話を戻して、店長が最悪だと思った事件が
その後に起きました。

 

実はその仕事ができる先輩が頑張っていたことから、
私のいた店がモデル店に選ばれてしまったんです。
でも、それが決まった時は既にその仕事のできる先輩は辞めた後。

 

モデル店を運営するような店長ではなかったのですが、
やっぱりメンツっていうのがあるんでしょう、
店長もそれをきっかけに仕事に打ち込むようになりました。

 

それはそれで良いのですが、ギフトの時期になって、
目標をクリアするために従業員に強制的に購入させようとしたんです。

 

私は断り続けていたのですが、
ある時、給料明細を見たら3400円が勝手に引かれていました。
店長に言ったら、お前は協力できないのかって逆切れ。

 

それから間もなく私はバイトを辞めました。
ですからコンビニでバイトするなら、十分に人をチェックした方が
いいですね。